×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ここが、日常(パラダイス)だ!!『干物妹!うまるちゃん』“うまる"の生態を追ったニュータイプ兄妹アニメ~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『主要人物』メンバー紹介


土間埋(どま うまる)- 田中あいみ

■グータラな生活を好む「干物妹(ひもうと)」
兄とアパート『コーポ吉田』の201号室にて二人暮らし。
髪は亜麻色のロングヘアー。
父親は大企業の土間コーポレーションの社長。
荒矢田(あらやだ)高校に通っている容姿端麗かつ品行方正、スポーツ万能・成績優秀で評判の女子高生。
老若男女問わずに好かれている「美妹(びもうと)」だが、家に帰ると頭身がデフォルメになる。
家ではハムスターを模したフードをかぶり白い無地のインナーシャツに赤色のスパッツといったラフな格好で過ごしている。
オシャレには関心が薄いようで、外行きの服はあまり持っていない。
制服時はニーハイソックスを着用している。
「ぬへへ」「ぬっふっふ」といった独特な笑い方をすることがある。 好きな食べ物はコーラ・お菓子類などのジャンクフード系やハンバーグなどの肉類。
苦手な食べ物は野菜類とワサビ。唐辛子系の辛いものは平気。
マンガ雑誌『ジャンプー』の愛読者で『ジャンピース』がお気に入り。
趣味は漫画の他に、ネットサーフィン・アニメ鑑賞・オンラインゲーム。
特にゲームの腕前は達人級で、家庭用から業務用に至るまでジャンルを問わずに幅広く網羅している。
ゲームセンターやオタク関連のイベントなどに出かける際は「UMR(ユーエムアール)」というお忍びの姿に変装する。
行きつけのとあるゲームセンターでは、その怪しい服装と異様なオーラに加え、ありとあらゆるゲームを制覇しクレーンゲームの景品を一発で取りまくる姿から天才ゲーマーとして認知され、店員からは危険人物としてマークされている。
外では優美、家ではマイペースに振る舞っているが、内面はやや臆病な所があり、自分から他人に話しかけることは実は苦手であったり、タイヘイに本気で怒られるとすぐに泣いてしまうこともある。
オカルト現象や幽霊の類は苦手。
タイヘイに対しては常時ワガママ言い放題で、時として自分の欲望のために利用しようとすることもあるが、絶対的な信頼の裏返しであり、本心は頼りがいがある優しい兄のことが大好きである。



土間大平(どま たいへい)- 野島健児

■うまるの兄
作中での表記は「タイヘイ」。
『ダイヤモンド・サービス』のシステムサポート部で働くシステムエンジニア。
何かと人目を引くうまるとは対照的に、見た目は平凡な眼鏡男子だが、本場楓いわく「さわやかで色んな女に好かれている」。
心根が優しく落ち着きのある性格で、さりげない気遣いと心配りのできる好青年。
職場では仕事のできない(やらない)同僚のフォロー、家では疲れた身体で家事に追われるなど、何かと苦労の絶えない性分。
普段は倹約家だが、うまるのワガママに屈してつい高いものを買い与えてしまうことがある。
学生時代にはテストで満点を連発していた秀才的頭脳の持ち主で、うまるに勉強を教えている。
料理好きで腕前も良く、その気になればかなり本格的なものを手作りでき、うまるへの食育にも気を遣っている。
趣味は休日朝の散歩。
大の猫好きで、家では猫のイラストやロゴの入った服をよく着ており、たくさんの猫に囲まれて暮らしたいという密かな願望も持っている。
家ではグータラな生活を送るうまるの将来を心配し、精神的に自立してくれることを切に願っている。
うまるのワガママ振りにはいつも手を焼かされており、一応の抵抗は試みるものの最終的には折れてしまうことが多いが、何だかんだで兄妹仲は良く、妹のことを大切に思っている。



海老名菜々(えびな なな)- 影山灯

■実は食いしん坊かつ大食い
土間家と同じ『コーポ吉田』の103号室に住んでいる(アニメ版では101号室)、うまるの友人でクラスメイト。
うまるやタイヘイからは「海老名ちゃん」、クラスメイトからは「海老名」と、苗字で呼ばれている。
秋田県出身で、実家は農家。
美味しいものを食べるなどして感嘆した時によく方言が出る。
荒矢田高校に通うために上京して一人暮らしをしており、性格は気弱で極度の恥ずかしがり屋。 ツーサイドアップ風にまとめた茶褐色の髪と、服の上からでも目立つ大きな胸が特徴で。
胸を除いては華奢な体型だが、空腹になるとすぐお腹の虫が鳴ってしまうことが悩みのタネ。
食事は基本的に自炊派で、台所に冷蔵庫を2台所有している。
同級生でありながら学力や容姿が自分とは正反対のうまるに対して、憧れつつも若干コンプレックスを感じている。
頑張り屋ではあるものの、勉強もスポーツも成績の方は芳しくなく、普段の行動においても鈍臭さが目立つ。
クラスで孤立していた切絵の本質にいち早く気づくなど、勘の鋭い所もある。 うまるの兄:タイヘイに対しては、とある経緯からほぼ一目惚れのような形で密かな恋心を抱いている。
七歳のときに行方知れずとなった兄を探しており、みんなに心配をかけまいとタイヘイにのみそれを明かしている。



橘・シルフィンフォード(たちばな・シルフィンフォード)- 古川由利奈

■通称「シルフィン」
鮮やかな水色の長髪ときらびやかな瞳を持つ、ハーフのお嬢様でドイツ出身。
服装は基本的にいつも同じで、学校でも家でもフリル付きのブラウスとスカートを着用。
登場時には、独特の決めポーズと擬音を放つ。
容姿端麗で勉強もスポーツもトップクラスの成績であるものの、うまるには一歩及んでいない。
100点の答案用紙を高らかに自慢するなど目立ちたがり屋な上に、口調の方もお嬢様然としていて高飛車だが、言葉の言い間違いが多いなど天然な所もある。
「一番になること」への強いこだわりから、うまるのことを一方的にライバル視しており、時には授業中にいきなり対決を申し込むなどの奔放ぶりを発揮する。
結果として毎回のように負けてはいるが、天然さもあってか立ち直りは早く、因縁は引きずらないサッパリとした性格。
ゲーム大会で「UMR」状態のうまると対戦し、紆余曲折を経て友情を育むようになる。
球技大会を期にうまる・海老名・切絵とも友人関係となり、当初の高飛車な印象とは違う天真爛漫な一面を見せるようになった。
家電量販店ではタブレットで画力の高い絵を披露したことがある。
見かけによらず日本の文化が好きで抹茶が好物。
実はタイヘイの同僚アレックスの妹であり、うまるに負けず劣らず兄のことが大好きである。
兄の影響で日本のアニメやゲームに興味を持つようになり、特に対戦型格闘ゲームにおいてはうまるをも凌ぐ腕前を持つ。



本場切絵(もとば きりえ)- 白石晴香

■黒髪ポニーテールの女子
制服時は黒タイツを着用し、小柄な体型ながらに眼光が鋭く、入学の際に起こしたとある騒動から他の生徒たちに恐れられクラスでは浮いた存在。
うまるに対しても敵意のある視線を送っていたと思われていたが、実は以前から彼女に憧れており、友達になる機会を窺っていた。
性格は非常に内気で不器用であり、子供としか話せないほどの極端な人見知りでもある。
ひょんな経緯から「干物妹状態のうまる」とも知り合っており、頻繁に家に遊びに行くほどの良好な関係を築いている。
彼女のことはうまるの妹『こまる』だと勘違いしており、すっかりその可愛さに心を奪われ“師匠”と呼んで敬愛している。
結果的にうまるにとっても数少ない、素の自分をさらけ出せる同年代の友人となった。
クラスメイトの海老名に対しては、うまると親しくしているということもあり一時ライバル視していたが、のちに打ち解け友人関係となった。
実は可愛いもの好きで、将来の夢は絵本作家。
うまる(こまる)のためにクッキーやお守りを手作りするなど友達思いな一面もある。
水泳部に所属しており、都大会で3位に入賞する実力の持ち主。
運動神経は非常に良く、場面によっては常人とは思えない身体能力を発揮することがある。
幼少期のトラウマから、暗い所が極端に苦手である。



アレックス - 柿原徹也

■タイヘイの同僚で後輩でドイツ出身
橘・シルフィンフォードの実の兄で『ダイヤモンド・サービス』には特別採用枠で入社した。
ハーフの青年で外見は爽やかなイケメンだが、かなりのオタク趣味の持ち主である。
仕事中にエロサイトを閲覧したりフィギュアいじりをするなど、ぼんばと同等(またはそれ以上)に勤務態度は不真面目。
タイヘイやぼんばが残業をしていても定時で退社していることが多い。
タイヘイの家に遊びに来た際に「干物妹状態のうまる」と知り合い、アニメの趣味が合ったことで瞬く間に意気投合している。
ただしその一方で、秘密裏にうまるの身辺調査を行うなど、謎の多い人物。
ちなみに切絵とも知り合っているが、彼女からは少々苦手意識を持たれている。



叶(かなう) - 小清水亜美

■タイヘイたちの上司で課長
ロングヘアーの美人女性で、口調や振る舞いはやや高圧的。
実は『ダイヤモンド・サービス』の社長令嬢でもある。
若くして重要ポストを担う才媛だが、たまにとんでもないうっかりミスをする人間臭い一面もある。
タイヘイ・ぼんばとは旧知であり、彼らより年齢は一つ下。
学生時代からタイヘイのことを心憎からず想っているが、なかなか気持ちを伝え切れず現在に至っている。



PR


映画情報

女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


PR


フィギュア情報


PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】